Special Version2 映画【ローマの休日】で英語を学ぼう!

映画で学ぶ英会話 ETM 今回は「Special Version」をお届けします。
全国の書店、Amazonなどで発売中のETMの書籍「1500語で話せる英会話 あの名作映画「ローマの休日」に学ぶ」からローマの休日のシーンと、他の映画からのセリフを使った英語フレーズをご紹介いたします。

<<<ビッグニュース>>>

ローマの休日を題材にした英語学習の通信講座が始まりました。

受講料はなんと無料!!

無料の通信教育についての申込や詳しい情報はコチラをご覧ください。

*受講にはテキストが必要です。
テキストは(1500語で話せる英会話 あの名作映画「ローマの休日に学ぶ」)をご購入くださいね。
Amazonまたはお近くの書店にてお買い求めください。
Amazonでの購入はコチラ>

===

大使館を抜け出した王女アンと新聞記者ジョーが初めて出会う。
路上でうたた寝をしているのがまさか王女とは知らず、タクシーに乗せようとするシーンです。
それではLet’s get started!

===
【ローマの休日英文】

JOE:Come on- climb in the cab and go home.

PRINCESS:So happy.

JOE:You got any money?

PRINCESS:Never carry money.

JOE:That's a bad habit. All right, I’ll drop you off- come on.

PRINCESS:It’s a taxi.

JOE:It's not a Super Chief.

Driver:Dove andiamo? Where’re we going?

JOE:Where do you live?

PRINCESS:Hmmm? Colosseum.

JOE:Now, come on, you’re not that drunk.

PRINCESS:You're so smart. I’m not drunk at all. I’m just being very happy.

JOE:Hey now don’t go to sleep again. Come on.

Driver:Per favore signore… ho detto dove andiamo? Where are we going?


===
【ローマの休日日本語訳】

JOE:さあさあ、タクシーに急いで乗って帰りなさい。

PRINCESS:嬉しく思います。

JOE:金はある?

PRINCESS:お金など持ち歩きません。

JOE:それは悪い習慣だよ。よーし、車で送って行くよ、さあさあ。

PRINCESS:タクシーじゃありませんか!

JOE:スーパー・チーフ(*1)じゃないよ。

Driver:どちらまで?

JOE:どこに住んでる?

PRINCESS:え?コロシアムです

JOE:さあさあ、君はそれほど酔ってないよ。

PRINCESS:あなたは頭が良いですね。私は全然酔ってません。ただ、今がとても幸せなんです。

JOE:おいおい、寝入っちゃ駄目だよ。さあ。

Driver:お客さん、どちらまでですか?

*スーパー・チーフ(the Super Chief)は、アメリカ大陸横断のサンタフェ鉄道の豪華列車のこと。
セレブに人気の列車となりスターの列車という別名がついたほど。

===

【キーセンテンス1】
You got any money? =お金持っているの?

例文>
Got any ideas?=何か考えはありますか?
(アナライズ・ミー)

You got any plans for lunch today=今日のランチのプランはありますか?

===

【キーセンテンス2】
Never carry money.=お金を持ち歩いたことは一度もありません。

carry(身につけて)・・・を持ち運ぶ、持ち歩く、携帯する

例文>
I don’t carry a handbag. I just carry money in my pocket.=ハンドバッグは携帯しません。お金はポケットに入れて持ち歩きます。

===

【キーセンテンス3】
All right, I’ll drop you off- come on.=はいはい、分かりました。あなたを途中まで送ってあげますよーさあ早く。

drop〜off 〜を(乗り物から)降ろす、下車させる

例文>
I want the driver to drop me off at 9:30 and pick me up at 9:45 sharp.=運転手に9時半に送ってもらい、9時45分キッカリに迎えに来て欲しい。
(プラダを着た悪魔)

===

【キーセンテンス4】
You’re so smart. I’m not drunk at all.=あなたはとっても頭がいいですね。私は全く酔っ払っていません。

be drunk 酔っている、酔っぱらっている

be smart 明敏な、頭の切れる(とくにアメリカ英語)

at all 少しも

例文>
Only promise not to take me home until I’m drunk.=はっきり約束して、お酒に酔うまで、私を家に連れて帰らないって。
(ティファニーで朝食を)

===

<<<ビッグニュース>>>

ローマの休日を題材にした英語学習の通信講座が始まりました。

受講料はなんと無料!!

無料の通信教育についての申込や詳しい情報はコチラをご覧ください。

*受講にはテキストが必要です。
テキストは(1500語で話せる英会話 あの名作映画「ローマの休日に学ぶ」)をご購入くださいね。
Amazonまたはお近くの書店にてお買い求めください。
Amazonでの購入はコチラ>

さらに!
ETMの書籍第2弾「1500語で話せる英会話 Ⅱ あの名作映画「シャレード」に学ぶ」も全国の書店で絶賛発売中です。シャレードの全文とキーセンテンス、他の映画からのセリフの紹介も満載。もちろん、本ポッドキャストに収録されている健と奈緒のオリジナルコントの日本語訳も掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください!

Amazonでの購入はコチラ>

===
ETMのメールマガジン配信中!

【有料メールマガジン】
「英会話 先生はハリウッドスター!」

http://www.mag2.com/m/P0001354.html

《隔週第1、第3金曜日》月2回発行。
英語を話せるようになりたい人向け。お申込み当月は無料!内容を確認してから、始められます。

【無料メールマガジン】
「英会話 使えるこの一言 映画は日常会話常套句の宝庫!」
PC版:http://www.mag2.com/m/0000158066.html
携帯版 http://merumo.ne.jp/00336273.html

映画で学ぶ英会話ETM公式サイト
http://homepage3.nifty.com/ETM/

Facebookページはコチラ

===


この記事へのコメント